物質は情欲の象徴ーー国光劇団.横浜能楽堂『繍襦夢』について
  「崑劇」と「能」は二つの伝統文化と芸術だ。しかし、其々の演目に、両方の共通点を探す、特徴を守るので取り組んでいるのは、これは異文化演出ですっごく易くない。今回国光劇団は「繍襦記」より『打子』と、横浜能楽堂は「松風」より『汐汲』この二つ演目ので、「男尊女卑」の身分差と「物を見てその持ち主を思い出す」の感情をテーマする、新作『繍襦夢』を作っだ。このように伝統で新しい意義を見ると、物質によって思うの共通点、三幕は各自の主体になって、互いに対話して、この対話するの中で、異文化の中の似たところを発見だ。
  脚本家.王安祈が、『繍襦記』と元作の唐の小説『李娃伝』は大団円が結末だが、これは不可能な話て、生命の現実ではないっと思う、これも唐代の名門婚姻の状態にはあり得ないっておっしゃる通り。そのため、団円の結末が離れるを変えて、その離れるのことから深刻な惜しいを味わう。しかし、この感情はどのように現れるか?必ず物質を頼るとして、例えば『繍襦記』の繍襦(羽織)や『汐汲』の服だ。物質には、人間の感情移入するの特徴で、中国の「物老成精」や日本の「付喪神」は物が古くて妖怪になるの伝説をあるだ。「服」は肌着ので、物質によって思うの想像が合う、『繍襦記』と『汐汲』の服は主人公の重要な感情象徴だ、従って二つ演目の取り組んて、『繍襦夢』を作っだ。其中で、羽織は偶と李亜仙(主人公.鄭元和の恋人)が共に演出するのは、中日文化と演目の共通点を発見だ。

  三幕の中で、各自の主体があるが、物と人物の感情が繋がるし、三幕の内容が互い対話すると、すじの原因と結果も現れる。例えば、『打子』は鄭元和が感情とお金を惜しみなく与えった、ただし、お金が使い切るのとき、彼と李亜仙も離れる、その後、父親のに責める;『汐汲』は女性の観点が話す、松風が毎日海辺たで汲み込みながら物を見てその持ち主を思い出す、恋人の帰るを待つ、しかし長い待つの中で苦しみを持つ、最後が傘の舞を気が気でないを現れる;『繍襦夢』は男性と女性両方の感情を総括する、年寄りな主人公の思い出すを通り、離せるの悔しさと原因を解答する:この身分差は「一時に許すくて、一世に配慮とは限らない」、だから離せなければならない。従って、この三幕の間テクスト性は、各自の心ならずと分離したの愛情を現れる。

  しかし、物質は人間の感情を寄って、この象徴も弱いだ。羽織が李亜仙の化身は、李亜仙の思い出すし、鄭元和の恋人の理想な想像だ。そこで、羽織の変化するのことは、李亜仙と鄭元和二人が五十年間の思いが生み出す。ただし、この物の弱さは「羽織が本来は無情な物けど、感情が亜仙と同じだ」、今生が終わりなら、人と物も消える、「来世はまた鄭元和と李亜仙がいるではない」、従って、物が寄っての思いは真実と儚さの存在だ、人の存在のことが無限な悲しさを確立する。

  今回の異文化演出は双方の共通点を追求し、異なる点は棚上げする、後は組み合わせる、それ以外、言葉も複調を現れる。例えば、鄭元和は李亜仙の離れるのことを思い出すの頃、彼の父親.鄭儋の声が中国語と日本語を話される、この例は、もしかする鄭元和の老年追憶し、親の視点が子の恋を見ると異文化の中で同じ感情かもしれない、「私たちが死ぬまで付いて行く、お父様の視点で、この恋は前世の因業だ」を指す、従って、二人の分離は必然になる。そのため、この劇作は三幕の物語で身分差と物を見てその持ち主を思い出すの同じテーマの中、物質がどのように自分の感情をはっきり見えて、存在の本質がどのように具体的に現れて、これはこの異文化の新劇作の重要な核心課題だ。



この文章は中国語で初公開です、タイトルは『物質作為情欲之表徵──國立國光劇團、橫濱能樂堂《繡襦夢》』です、雑誌『PAR表演芸術』312号で発表しました。
中国語版こちらへ:『物質作為情欲之表徵──國立國光劇團、橫濱能樂堂《繡襦夢》』

發表留言

 只對管理員顯示

Copyright © ◆◇…聆聽風的聲音…◇◆. all rights reserved.