物質は情欲の象徴ーー国光劇団.横浜能楽堂『繍襦夢』について
  「崑劇」と「能」は二つの伝統文化と芸術だ。しかし、其々の演目に、両方の共通点を探す、特徴を守るので取り組んでいるのは、これは異文化演出ですっごく易くない。今回国光劇団は「繍襦記」より『打子』と、横浜能楽堂は「松風」より『汐汲』この二つ演目ので、「男尊女卑」の身分差と「物を見てその持ち主を思い出す」の感情をテーマする、新作『繍襦夢』を作っだ。このように伝統で新しい意義を見ると、物質によって思うの共通点、三幕は各自の主体になって、互いに対話して、この対話するの中で、異文化の中の似たところを発見だ。
繼續閲讀
Copyright © ◆◇…聆聽風的聲音…◇◆. all rights reserved.